美食道

東京近辺美味いもの食べ歩きグルメブログ(でもラーメンばっかり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千葉・津田沼 東京とんこつ 恵比寿一代


大勝軒系の『必勝軒』をはじめ、人気ラーメン店が多くある
JR津田沼駅周辺から少し離れたところにあるお店。

東京とんこつ 恵比寿一代

15分くらい歩きますが、何度食べたかわからないくらい足しげく通っています。
なぜか!?・・・それはチャーシューが美味しいからです!
この店と出会って以来、私3号は“チャーシューめんバカ”になりました。

通常の「らーめん」(630円)にもチャーシューは入っていますが、
「チャーシューめん」のものよりは一回り小ぶりです(厚さは同じ)。
ということで、オススメはもちろん「チャーシューめん」(892円)。

津田沼 東京とんこつ 恵比寿一代
「チャーシューめん」 892円

ともかく「美味い!」のひと言で充分な一品なのですが、
このチャーシューが大好きな理由を3つ挙げるならば・・・

1.肉の醍醐味「ボリュームと食感」
ご覧のとおり、チャーシューは豚バラ肉を丸めたタイプです。
厚切りハムほどの大きさのものが6枚入りでボリューム満点。

けれども、厚いといっても決して硬いというわけではなく、
かといってホロホロと崩れてしまうわけでもない絶妙の煮込み具合です。
ちなみに、厚めの肉なので、しばらくスープに浸しておくのがオススメです。
脂が柔らかくなって美味しさ倍増です。

2.肉の味を引き立てる「味付け」
ボリューム勝負だと、味が・・・ということもままありますが、
このチャーシューに限っては、そんなことはありません。

煮汁とスープの旨味をしっかり吸った、
赤身と脂の“肉”本来の味が強く感じられます。
かといって、決して豚肉臭くはありません。
ほのかに感じる醤油の味付けが一役買っています。
下味のバランスは“薄め”、“濃いめ”と好みも分かれますが、
このチャーシューの場合は、臭みを消しつつ、
肉の味をさりげなくサポートする絶妙のさじ加減です。

3.もちろん肉だけではありません
スープは、あっさりめの豚骨醤油です。
わずかに浮いた背脂と、少し乳化したベースが相まって、
まろやかな豚骨のこくが感じられます。
もちもちした中太縮れ麺や、チャーシューとの相性抜群。
ただし、麺は少し柔らかめなので、普通~硬めの麺が好きな人には、
“麺硬め”がオススメです。

ときどき猛烈に食べたくなる、いや、貪りたくなる一杯です。
メタボが気になりだす前に是非。(by 3号)


店名  : 東京とんこつ 恵比寿一代
最寄駅 : 津田沼(JR総武線)
所在地 : 千葉県習志野市津田沼3-20-17
定休日 : 月曜
営業時間: 11:00-15:00、18:00-26:00(月~金)
       11:00-26:00(土)、11:00-23:00(日・祝)
電話番号: 047-474-1071

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2007/11/06(火) 00:00:00|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千葉・浦安 四畳半 生粋 浦安店 | ホーム | 有楽町 ラーメン 中本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bishokudo.blog114.fc2.com/tb.php/26-57bbe650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美食道

美食道

Special thanks!!
デジタル書道ソフト Shodow

携帯版「美食道」

QRコード

記事検索

店名、駅名等で検索して下さい

最近の記事

エリア別

カテゴリー

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。