美食道

東京近辺美味いもの食べ歩きグルメブログ(でもラーメンばっかり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亀有 たいせい


「丁寧」という言葉がこれほどまでに似合うラーメン屋はないでしょう。
そう思わせるお店が亀有の『たいせい』。

閉店が23時とあるのですが、何故か24時以降も空いていることが多く、
何度か足を運んでいました。
ここは以前も別のラーメン屋があり、一度しか食したことがなかったが、
確か鶏ベースのスープでおいしかったのを覚えている。
その後の店ということで、初入店時はかなり期待していた。
雰囲気もよく、浅草開化楼の麺を使用…等々、
期待に応えるラーメンだと思っていた。
そして、お店も若いご夫婦で営んでいて、接客もつくり方も丁寧。
器は漆器のような黒くて四角い皿の上、箸も赤塗りのものが
丁寧に置かれていた。

だが…
「醤油」を食すと接客同様丁寧なつくりで、洗練された感はあったのだが、
総じて『ちゃぶ屋』そのものだった。
それ自体どうこうというより、
個人的に『ちゃぶ屋』の揚げエシャロットの香ばさが
スープの深みにまで浸透している点と
麺の茹で加減(のびたようなゆるい感じ)があまり好きではない。

正直ショックだった。。。
「しめのご飯」があるのだが、とてもご飯を入れる気にはならなかった。
調べてみると、店主は『ちゃぶ屋 味噌専門』で修行されていたとのこと。
納得。
その後、開店時間と丁寧さで何度か足を運んだが、
今回はじめて「味噌 特製らー麺」にトライすることにした。

亀有 たいせい 味噌特製らー麺 1200円
味噌特製らー麺 1200円

スープを飲んでビックリ!
「醤油」の面影はどこにもない!!
(確かに、あのスープそのままで「味噌」はキツイか)
うまいです。

麺のゆるさは「醤油」と変わらず残念だったが、
スープは甘みのあるマイルド系。
『ちゃぶ屋』の「味噌」は食したことはありませんが、
写真を見る限りかなり違うみたいだ。
「たいせい」のフルオリジナルということでしょうか。
これは「しめのご飯」が合いそうだ。
食した時間帯&身体のことを考え、今回は止めておきました。
「焼餃子」も頼んでいたし。(オススメです!)

「特製」のトッピングはチャーシューに肉味噌(挽肉)、メンマ、
糸状の赤唐辛子と3種のネギ(白髪ネギ、万能ネギ、揚げネギ)。
そして「海苔」もあるのだが、「醤油」もそうであったが、
器の外ではなく、下皿にキレイに添えられている。
一つ一つの仕事に丁寧さが感じられる。

それよりもこの店で特記すべき“丁寧さ”がある。
使用する水である。

水はSEAGULL Ⅳで浄化されたものを使用、
さらに飲用はピッチャーの中に起源石を入れている。
そして食後には、その水でつくられたルイボスティーを出してくれる。
冷たくとサッパリしたもので、
ラーメンのうまみをサッパリさせつつも、満足感を増幅させてくれるサービスだ。
これも身体に配慮いただいてのものだそうだ。

はぁ~っと、何ともいえない至福の時を感じられるラーメン屋でした。
今度は普通の時間帯に行って、
「味噌 特製らー麺」+「焼餃子」+「しめのご飯」をオーダーしたい!(by 1号)


店 名 : たいせい
最寄駅 : 亀有(JR常磐線)
所在地 : 東京都葛飾区亀有5-47-1 [MAP]
定休日 : 月曜
営業時間: 17:00~23:00 ※スープがなくなり次第終了
電話番号: 03-5697-7020
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/06/27(金) 00:00:00|
  2. 東京・葛飾区
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
次のページ

美食道

美食道

Special thanks!!
デジタル書道ソフト Shodow

携帯版「美食道」

QRコード

記事検索

店名、駅名等で検索して下さい

最近の記事

エリア別

カテゴリー

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。